nakazawashuhei

藤岡市立校いっせい休校中の児童生徒受け入れ状況

いっせい休校中の児童生徒の受け入れ開始

新型コロナウイルスの感染拡大防止として、藤岡市の小中学校でもいっせい休校となっています。「子どもの居場所がなくなる」という声に押され、12日から、どうしてもという家庭に限って教室で受け入れを始めました。

先週と比べて今週は増加、家庭や子どもが心配

教育委員会へ問い合わせると、受け入れ人数は16の小中学校全体で12日は32人、13日は34人、今週に入って16日は45人、17日43人、18日38人とのことです。先週から今週にかけてはすこし増加の傾向にあるようです。家庭や子どもへの影響が心配されます。

4月1日以降の事は19日の政府判断を見てからということです。休校をはじめとした自粛のムードは家庭への負担も大きく、子どもたちには様々な影響が懸念されています。冷静で合理的な判断が待たれます。